×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

脱毛にはどんな種類がある?

脱毛にはどんな種類がある?

 

脱毛にもいろいろな種類があります。男性の主な原因は、AGAといわれる、男性型脱毛症・壮年性脱毛症です。この脱毛症は、男性ホルモンが原因で起こります。

 

髪の毛の本数に変化はないのですが、太い髪が生えてこなくなり、短い細い毛ばかり生えてくるようになります。この現象は、毛周期の最長期が短くなり、毛根が小さくなることで発生してしまいます。

 

遺伝的に男性ホルモンの影響を受けやすい人、食生活なども含めた生活習慣が原因で、若くから発生する人がいます。この脱毛の進行パターンは、オデコから進行するパターンとつむじなどの頭頂部から進行するパターンがあります。また、それらの混合型で進行する場合や、M字型で進行する場合もあります。

 

円形脱毛症

円形脱毛症は、円形に毛が抜けてしまいます。一箇所だけでなく、複数箇所発生し、頭全体の髪の毛が抜けてしまうこともあります。ストレスが原因になる場合もありますが、自己免疫による症状だとされています。

 

脂漏性脱毛症

脂漏性脱毛症は、頭皮の皮脂分泌が過剰ん為に発生してしまう脱毛症状です。過剰な皮脂は、頭皮の炎症を起こしてしまいます。ふけなども多くなってくるでしょう。このような症状が毛根での毛を作り出す活動を悪くする原因となり、抜け毛が起こります。

 

脱毛症

脱毛症は、自分で髪の毛や眉毛などを抜いてしまいます。癖になっていて、意識するのではなく無意識に抜いてしまいます。

 

 

他にも、女性に多いびまん性脱毛症や分娩後脱毛などもあります。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ